美容室でカラーリングをやるメリット

白髪が目立ってくると白髪隠しも兼ねてカラーリングします。

カラーリングは美容室で施術をうける場合と市販のカラーリング剤を購入して自分でカラーリングする方法があります。美容室でのカラーリングは料金が高く時間の拘束もあるため、手軽に安く短時間でできる市販のヘアカラー剤でカラーリングをすることもありますが、美容室でカラーリングすることにはメリットも多いのです。

美容室で使用しているヘアカラー剤は、染料が入っているカラーバリエーションのある1剤と、髪質に応じた2剤を用意しています。この2剤の使い分けができることがカラーリングには大切なことで、過酸化水素濃度の違う2剤を髪の毛の状態や目的によって使い分けるのです。カラーリングしている場合、特に白髪を目立たなくするためには、1~2ヶ月の間隔でヘアカラーをする必要があります。この場合、髪の毛の約90%は既にカラーリングされた状態です。

その上からカラーリングをすることになると残った色素や髪の毛のダメージ具合によっては色むらや傷みなどが発生します。カラーリング剤の2剤は過酸化水素が配合されており、ブリーチに関係しているため使用することで髪の毛へのダメージは大きいです。美容室では、この2剤を1~6%の薬液を準備して、ヘアに合わせて使用しています。

カラーリングは、カラー剤の判断だけではなく、髪の毛を状態を判断して必要に応じてカラーリングの前後にたんぱく質や脂質などを補ったり、トリートメントで本来の髪の状態に戻すなどで、質の高いカラーリングを行なっています。また、髪の毛のプロに自宅でのケア方法などをアドバイスしてもらえることも魅力です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *