美容室での髪型は美容師と必ず相談

美容室に行く時によく雑誌の切りぬきや画像、または有名人の名前を出して「この人みたいに切って下さい」と頼むことがあります。

しかし、それでは失敗してしまう可能性があります。それは美容師が悪いというわけではないこともあるので、一概に美容師を責めるのではなく自分のせいかもしれないということを頭の隅に置いておきましょう。美容室に行こうと思った時に、まずどんな髪型にしようか迷いますよね。そして色んな雑誌や有名人を見て、この髪型がいいと決めることが多いですがそこでもう一つ考えてみましょう。その見本の人がしている髪型は確かに素敵かもしれません。

しかし、自分が全く同じ髪型をして似合うかどうかということです。その見本の人の輪郭は自分の輪郭と似ていますか。ヘアカラーはどうでしょう。自分で想像できる、または一度やったことがある方はそれでもいいです。美容室に行って、その髪型にしても似合わなければそれはカットは成功したかもしれませんが、自分の満足いく髪型とは言えませんよね。多くの人は自分のことを客観的にみることが出来ません。

そのため、あらかじめしたい髪型があったとしても、「この人みたいに切って下さい」ではなく、必ず似合うかどうか心配だというニュアンスを含ませて伝えてみて下さい。丸顔が気になるなら、丸顔が気になるということも含めると美容師はそれも含めた髪型を提案してくれます。見本の人はあくまで参考程度にしておき、自分に合った髪型へと合わせてもらうことが似合う髪型へ近付くことになります。
大阪の美容専門学校のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *