美容液は使う方が良い

スキンケアの基本的なステップは、化粧水で水分を補給し、乳液で水分を閉じ込め蒸発するのを防ぐというものですが、時としてそれだけでは物足りないことがあります。

そのような場合に使われるのが美容液であり、肌に与えたい成分が濃縮されています。そのため、化粧水や乳液だけでは補えない高いレベルでのスキンケアが可能となります。美白やハリ、シワ、たるみなどの悩みにダイレクトに働きかけてくれるので、使用していない場合と比較すると、将来的に肌の美しさは違ってくることでしょう。使い方としては、化粧水と乳液の間に使うというのが一般的のようです。

乳液(油分)で蓋をしてからでは、美容液の浸透が邪魔されるからです。また、化粧水が浸透していく力を利用して、美容液も一緒に肌の奥に入れることができるので、化粧水と乳液の間で使用するのがタイミングとして良いのです。美容液は、化粧水や乳液と同じシリーズのものが使われることが多いです。しかし肌に合うのであれば、異なるブランドのものでも大丈夫です。

化粧水の主な役割は水分の補給であるため、安価な化粧水で惜しみなく水分を与え、その分、配合成分がとても貴重で高価な美容液を使うという人もいます。蓋をするための油分は、ホホバオイルやスクワランオイルを使います。なるべく、先に塗った美容成分を邪魔しないよう、他のスキンケアをシンプルにします。以前から使われている有名な成分から、最近使われるようになった成分まで、とても数多くありますので、色々試して肌の状態を確かめてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *