降圧剤の服用ARBと酸化マグネシウムの併用に関して

高血圧とは収縮期血圧が140mmHg以上、または拡張期血圧が90mmHg以上になった状態をいいます。近年は食生活の欧米化によるメタボリックシンドロームの増加や塩分摂取過多によって高血圧となる人が増えてきています。高血圧は長期間放置すると脳血管疾患、心疾患、腎不全など重大な合併症を引き起こす恐れがあるため、血圧コントロールをなるべく早期に行う必要があります。
高血圧に対しては降圧剤による血圧コントロールが主な治療法となります。降圧剤にはCaブロッカー、ARB、ACE阻害薬、利尿剤、βブロッカーなど様々なものがありますが、第一選択薬としては主にCaブロッカーとARBの二種類の降圧剤が使用されるケースが多いです。ARBは他の薬剤と比較して降圧作用は弱い方ですが、末梢の細い血管を拡張させることや臓器保護作用があることなどから未来を見据えた治療薬として理想的な降圧剤となっています。またCaブロッカーより降圧作用は劣るものの、動脈硬化を予防する効果は優れていることが報告されています。ARBにはオルメテック、ミカルディス、ディオバン、ブロプレス、アジルバなどがあります。
このARBと酸化マグネシウムとの併用に関してですが、酸化マグネシウムは下剤として臨床現場では広く使用されている薬でありますが、一方、様々な薬剤と薬物間相互作用を引き起こす薬剤です。その理由はマグネシウムが他の薬剤とキレート形成をしたり、他の薬剤を吸着したりするため、消化管吸収率が低下してしまうからです。しかしARBと酸化マグネシウムの併用は特に問題はありません。またARBはその他の薬剤との併用も問題ない薬なので比較的安全に使用できる薬剤と言えます。