降圧剤ディオバンとサプリとの併用の注意

ディオバンは海外で開発された高血圧症に使用される薬であり、日本では2000年に承認され発売されるようになりました。20mg、40mg、80mg、160mgの4種類の錠剤があり、症状の程度により医師の判断で服用する種類を決めます。高血圧症の薬なので、その目的は降圧にあります。降圧の薬を服用すると、副作用として吐き気やめまい、頭痛などが起こる場合があります。それはディオバンでも同じで、仮に副作用と感じる症状が出たら医師に相談する必要があります。
降圧剤を服用する場合は、注意しなければならないことがあります。それはサプリとの併用です。全てのサプリとの併用に注意しなければならないわけではないですが、サプリの種類によっては、ディオバンの効果が抑制されたり副作用が強く出る可能性があります。そのため毎日服用しているようなサプリがある場合は、医師に相談し服用しても大丈夫なサプリなのかを確認しましょう。また食べ合わせの問題ですが、降圧剤を服用中にグレープフルーツを食べるとディオバンの血中濃度が高くなりすぎ必要以上に薬の効果が出てしまい、重篤な副作用を引き起こす可能性があるので、グレープフルーツを一緒に食べるのは止めましょう。
塩分を控え野菜中心の食生活に見直し、ウォーキングの様な身体に負担のかからない運動をして降圧剤に頼らない血圧の安定化を図ることは非常に重要です。降圧剤を服用する前ならカリウムのサプリを服用しても効果的かもしれません。しかし努力をしても血管の老朽化など何らかの原因により血圧が下がりにくい状態になっている場合もあります。その場合は、ちょっと血圧が高いな、とのんびり構えるよりも医師に相談し、ディオバンの様な降圧剤を処方してもらうことも大切なことです。