降圧薬を服用する場合の注意事項

高血圧という診断を受けてしまった場合にはその血圧を正常に戻すための治療が行われていくことになります。初期には食事を代表とする生活の見直しによって降圧ができるかが試みられますが、それが功を奏さない場合には降圧剤の使用が開始されます。血圧を高い状態に保っておくことは動脈硬化や心不全などのリスクを高めることになってしまうからであり、その予防のための降圧薬が使用されていくのが高血圧治療における基本的な方針となっています。高血圧は自覚症状を伴わないことが多いため、初期の生活の見直しが実際に行われていないこともしばしばあります。だからといってそのまま血圧を高い状態にしておくのは医師としては決断しづらいところであり、降圧薬の使用を開始せざるを得ないという決断になるのです。降圧薬を服用する際には患者側が注意しなければならないことがあります。一つは降圧薬を服用することによって高血圧の根本的な治療が達成されることはないということであり、根本となっている原因を取り払わなければ生涯にわたって服用を続けなければならないということです。あくまで合併症を予防するための対症療法であることは理解しておかなければならないことでしょう。一方、降圧薬が効きすぎてしまうことによって低血圧の副作用が生じることもしばしばあります。食べ合わせや飲み合わせの悪い食べ物や飲み物があることや、体調によっても血圧が変動することがその原因であり、低血圧の副作用が生じてしまった際には医師に相談するということが大切です。特に頻度が高い場合には薬の減量を行ったり、変更を行ったりする必要があることが多いため、速やかに医師に申し出ることが大切です。