要降圧治療な患者増の高血圧と生活習慣の関係と意識

高血圧は生活習慣病の一つとして知られるようになりました。生活習慣として食事や運動、飲酒や喫煙、社会的ストレスや睡眠などの様々な要因が関係しているとされているのが生活習慣病であり、様々な要因が複合的に作用して生じているものと考えられています。その関係性が理論的に明らかにされているものもあれば、統計的に関係性が示唆されているものもあり、病気の種類によってもその因果関係が明確であるかどうかは異なります。しかし、生活習慣病の一つにかかると他のものにもかかりやすいという傾向があり、それが患者数を増加させる要因となってきています。高血圧の患者数も日本においてはかなりの数であることが知られており、成人の40%程度が高血圧であると知られています。高齢者ともなると患者数もさらに増加し、半数以上が降圧治療を必要とする状況にあるとされているのが現状です。加齢にともなって血圧も上昇する傾向にあることから、若いうちから血圧についての意識をもって降圧治療を必要としないような生活習慣を身につけ、将来的な患者数を減らしていくことが望まれるようになっています。医療現場において降圧治療を行ってきた歴史も長く、降圧治療の行い方の基本となる高血圧治療ガイドラインも策定されていることから、患者数が増えてきても医療機関側で適切な医療を行っていくことはそれほど難しい状況ではありません。しかし、患者数の増加による医療費の上昇は社会的に見ても大きな問題であり、より多くの人が降圧治療を受ける状況になってしまうのは望ましいことではないのが事実です。そのため、関係の深い生活習慣の改善に対する意識を誰もに持たせることが緊急課題となっているのが現状です。